前へ
次へ

春以外にアレルギーを引き起こす物質

春は花粉症の時期到来となる季節で、春の花粉症の原因は主にスギとヒノキの花粉です。
スギ花粉が飛散を始める2月下旬から3月中旬までと、4月にピークを迎えるヒノキ花粉は一時期飛散する期間が重なることがあります。
スギとヒノキの両方にアレルギー反応を起こす人にとっては最も辛い時期で、1月頃から花粉症対策を行う人も少なくありません。
さらに花粉は春だけでなく秋にも飛散しており、秋はイネやヨモギ、ブタクサなどが代表的なものとなります。
体質によって春の花粉にはそれほど反応しないけれど、秋になると湿疹やくしゃみ、鼻水に鼻づまりといったアレルギー症状に悩まされる人もいます。
最近では花の花粉もアレルギー源となるため、一年中アレルギー症状が治まらないという人もいるほどです。
これらの花粉を全く吸いこまないようにすることは大変難しいことですので、空気清浄機の使用やマスクの着用などでしのぐようにし、家の中に花粉を持ち込まないようにすることも大切です。

Page Top